鍵が折れた時はどうする!?

いつも通り鍵を使おうと思ったら「パキッ」っと折れてしまった、しかも折れた鍵が鍵穴の中に残ってしまった・・・こういう鍵が折れたというトラブルも珍しくありません。
鍵穴に刺す前に鍵が折れていたり、折れた部分も鍵穴につまらずに出てきた場合はスペアキーなどで開けることはできますが、そうでなければまずは詰まった鍵を取り出す必要があります。

例えば根元から鍵が折れている場合は、鍵穴の手前に詰まっているため比較的取り出しやすいです。ペンチやピンセットなどを使って詰まった鍵をつまみ、ゆっくり引っ張れば取り出せることが多いので試してみましょう。
鍵の先端が折れた場合は鍵穴の奥に詰まってしまっているため、かなり厄介で、シリンダーを分解しなければならないケースも多いです。
よく分からずに分解して元に戻せないということがあったら困るので、無理をせずに鍵屋に依頼するのがいいでしょう。

また鍵が折れた時、接着剤などをくっつけて取ろうとするかたもいらっしゃいますが、これは非常に危険な方法となります。
鍵穴の中に接着剤が付着すると、今度は別の鍵トラブルに発展します。さらに鍵穴の中に残った接着剤をきれいに取り除くのはほぼ困難なので、基本的に鍵交換をしなければなりません。