車の鍵は定期的に電池交換をしよう

最近では多くの車で電子キーが採用されています。この電子キーは電池で動いていますから、定期的に電池交換をする必要があります。
電池の寿命としては大体1年〜2年程度と言われていますので、このあたりを目安にして交換しましょう。

またメーカーによっては電池交換の時期を表示してくれる機能が付いていることもあります。
鍵で電池残量が確認できたり、メーター画面に電池交換のサインが表示されたりと様々ですので、ぜひ確認してみてください。

基本的に電池の残量が減ってきていると、いつもに比べて極端に鍵が効きにくくなったりしますから、ちょっとでも鍵の動作に違和感を感じたら鍵の交換をしてみてくださいね。

万が一電池交換しても鍵の動作に違和感を感じる場合、電子キー自体の不具合の可能性もあります。
その際はディーラーなどに相談して必要ならば新しい鍵を用意してもらいましょう。